koshojutu

交渉術

セフレとの初対面が成功し、難なくメールの交換もできるようになったら、次に大切なのは、会って体の関係になる際に、行為を始めるまでの「交渉術」です。
交渉などという単語を用いると、お堅い感じがしますが、なんとしても自分の理想の方向へ向かわせるのです。
例を挙げれば、「コスプレ」が好みだったとすると、何も聞いていなかったセフレの女性が会った日にそれを急に頼まれたら、びっくりしてしまいますよね?そんな風に困らせないためにも、事前に話をしておいて、希望のセックスをするのです。
では、例えばあなたがコスプレの趣味があり、「制服+メガネ」を絶対使って欲しいという気持ちがあったと仮定しましょう。
その際、直接そのことをメールで伝えておくというのは、あまり良いことではありません。
どうしてかというと、そのような趣向に興味のある女性なら大丈夫だと思いますが、拒否をするような女性であると、気持ちが冷めてしまう恐れがあるからです。
ですから、この時の交渉は、まわりくどく、順番に伝える方法が伝わりやすいと思います。
だから、メジャーな小物として、使われやすい「メガネ」のことを伝えられるようにします。
次は、少し難しい「制服」についてどのように交渉したらよいか、というように相手の女性がどのような返信をしてくるかを見て、交渉するようにしてはいかがでしょうか。
このように行うことで、反対されることもなく、自分の要望どおりのセックスができるというわけなのです。
あまりマニアックすぎる趣向は引かれる可能性が多いと思いますので、何回も会ってセックスをして深い関係になってからのほうがうまくいくかもしれませんね。